読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺人の追憶

俺が生まれた1980年代に韓国であった実際の事件をもとにした小説が原作の映画。
背景の時代はもちろん一緒だけど、細部がもろもろ違ったりするよう。ただ、結局犯人は見つからず解決しなかったのは同じ。

主人公は昔気質の犯人と決めつけたら殴る蹴るの暴行を加えて自供を迫るどこの国にもいるorいたであろう暴力刑事と、4年生大学を卒業した大都市ソウルから来た証拠事実を重んじる刑事。
知的障害のあり顔に傷のある第一容疑者を殴りまくるわ、第二容疑者を逆さづりにする、証拠をでっち上げるなどして自供を迫るわでやることがかたっぱしから酷い。

刑事が特別頭が良くて推理をバシバシ当てていくでもなく、犯人にヒーロー性みたいなものを振りまくワケでもないのに、とても面白い。
事件そのものがもちろん話の主軸なのだけど、それを通して韓国の当時の時代が描かれていてなんだかドキュメンタリーっぽい。
都会派刑事が次第に田舎刑事のような行動をとり始めたりするところなんかも、表現されてることが色々あって良い。
最後の田舎刑事のおかれた状況やら画面も色々考えることができて好き。そして音楽も好み。

興行収入が良い映画がしっかりとした映画であるところが韓国のすごいところ。シリアスばっかりでなくアクション映画もしっかり作られているし。日本はなんでこうならなかったんだ…、最近はずいぶんとましになってきた感じだけど。