読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンギャングスター

ベトナム戦争の頃の麻薬取引の元締めとそれを捜査する警察官の話?
組織を介して仕入れた麻薬は混ぜてあって純度が低いので、実際に栽培を行っている現地に行って直接取引をしたことがこのマフィアのすごいとこらしい。
麻薬の製作現場を取り押さえるときの場面は緊迫感もあり、さすがリドリー・スコット監督。
話はマフィア側だけで良かったんでないかなぁというぐらいちょっとどっちつかずだったかも。警察官の方の親権争い云々はいらなかったんでないかと。
周りを取り囲んで印象的な逮捕場面で終わりでなく、その後も描いているのが少し意外。