読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロン:レガシー

今年初映画館&初3D映画。めでたい
ストーリーは一本調子、色彩は予告でも出ている蛍光色と黒のコントラストが基本ずっと続くためか何度か眠たくなってしまった...。直前に昼飯食ったのもあると思うけれども。
トロンという題材の上では、演出効果として3Dは非常に相性がよい。ただし、3Dメガネを長時間つけてると顔に当たる部分が痛くなってしまったので、3D映画に対する印象が悪くなってしまった。見た目は派手になるし、目新しさも最初はあるんだけど、正直邪魔かなw
Daft Punkの音楽はかっこよく、衣装や舞台装置も本当にかっこよい、けれども退屈。
登場人物の魅力が乏しいのもよろしくない、主人公が空気。女性のビジュアルが唯一の癒し。
これをDVDレンタルして、家の26インチPCモニターで観てもどうしようもないので、映画館で見た判断はまちがってない!