読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺戮にいたる病 最後にびっくり


最後を読んだあとの、えっ!?、という驚きは久々でよかった。どういう評価をされたか、どういう系統の小説なのか大して知らずに買ったのは正解だった。何も知らずに読んだからこその感想。最後を読むと、読んでる途中で感じた違和感というか、つっかかりは正しかったのか、と納得。
終わりよければすべて良しと言いたいところだけれど、基本的に読んでる最中は犯人が分かっていて、おまけに結構すんなり次から次へと犯人は女性を殺し、胸を切ったりなんやかんやという陰惨な場面が続き、間に入る探偵役たちの話は大した盛り上がりもないので、面白いかってきかれると…はい、とは言えない。