読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略」がくれるもの

映画


2作目が公開する前日にgyaoで1作目、覇王の卵が1日無料で見れたので視聴。公開時は宣伝で公開された開始8分の映像がなんとも微妙な感じだったのでスルー。で観たら、思ったより全然いける。開始8分でなぜあんなものを見せたのかむしろ謎。3Dのシーンでガッツがやけに軽そうな大剣を相手に何度も振り下ろすシーン、もう少し慣性を感じさせるアニメーション付けをしてくれよ。。。何はともあれ全体的には十分、特にガッツが貴族の少年を意図せず刺してしまったシーンが印象的、ということで2作目は映画館へ。
一応人間という体だがもはや化物以外の何物でもないガッツの100人切り、剣一払いで人間がバラバラになって乱れ飛ぶドルドレイ攻略、ダンスシーンがなんとも微妙な晩餐会、ここにすべてを注ぎ込まれたんじゃないかと思うようなグリフィスと姫のセックスという構成。
総じて、こんぐらいのもんを観せてくれるだろーというこちらの期待を決して上振れることないできだった。3Dシーンも使い方がこなれてきたようなきがする。城の攻略場面は、これ2年前に見たわーどころか10年前には観たわ−とどうしてもなってしまう。洋画で金をかけた映像をいくらでもみれてしまうからな、しかたない。。画面構成がアニメっぽくなく実写風にしているのでなおさら。
ベルセルクならではとなると、エログロ、化物との対戦だろうと思うので3作目に期待。といきたいところだが、触って基本人間側が化物に一方的にやられると思うので、あんまりな。やっぱりガッツがでかい剣振り回してでっかい化物を叩き切ってる映像がみたい。
しっかし、自分を捨てたガッツを思いながら初めての姫と激しいセックスに及ぶとかグリフィスさん、きゃーサイテー。そりゃあ、王様に鞭でしごかれるのもしかたない。