読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめての献血


家の近所ということもあり、気になっていた献血会場。
服のボタン直しを依頼するついでに、ついに決心して待ち時間に血を抜くことに。
全血献血400ml。
すぐ緊張する方&血液検査の時の自分の反応を観るに向いていないとは思っていたが、本当にむいていなかった
寒さと緊張もあって、血流が遅くなかなか時間がかかり、途中他の看護師の人からホッカイロを渡され、温かい飲み物も支給という介護老人になった気分。
「要するに向いてないってことですねー」
「やっぱりそうですかー」
一同「はっはっはー」
体格に問題はないので、抜いた後にふらふらということはなくその点は問題なし。

しかし、そのあと映画を観て、ご飯を食べた時に血を抜いた影響?なのか、酒が出てきてるわけでもないのに食事中に力が抜けるというか眠気というかふにゃふにゃしてしまった。
「いやホント、意識がとぶなんてやめてくれよ。。」と願いながらの外食。
正直精神的な部分がほんの少しの違和感を誇張して感じてただけだとは思うけれど。
一晩寝たら昨日はまったく問題なし。

年々、こういう緊張する機会ってなくなってきているのでいい経験でした。