読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHORT PEACE

映画


アニメ好きとしては風立ちぬとかほっといて大友さんの新作でしょ!と思ってみた。
日本を題材にした短編の寄せ集め。昔の最臭兵器とかと一緒。
いやーもう短編てことでまともな話というか起承転結を諦めてるのか、どれもこれもぱっとしない。最初の話は日本昔ばなしの落ちが弱めな話で3D でここまで出来るんならもう手書きいらないんじゃねって何年か前と同じ事思っただけって感じだし、大友作品は時代小説家の短篇集からコピってきたみたいな話であぁ火が綺麗だなこのへんの表現というか処理みたことないなへーって感じだし、しろくまさんと赤鬼が戦うのはそういうのはベルセルクで観たからもういいよ残念だけど比べるとこっちは弱いよって感じだし、最後の兵器よさらばはメカがかっこよくてCMに使われるのもよくわかる派手さだけど結局ビームで撃ちあうのでスターウォーズのDVDから抜いてきた音みたいなのが聞こえるだけだし落ちは昭和だし、いやいいですよああいう終わり、でもなんなのこれ、誰に向けてるの。俺観たけど、また似たようなのあったらきっと観るけどさー、見ちゃうけどさー。話がつまらないっていうか短編だからもう諦めてるでしょ、誰にも勧められないじゃん、広がらないよまるで。各短編の監督たちの過去の作品なり業績を知ってる俺みたいなオタク狙い撃ってるだけで儲かるのこれ、回収できるの?制作費。適当に丸め込まれて連れてこられた女合わせても大した母数じゃないでしょ。アニメなり映像表現にもっと知識をもってればそれで更に楽しめるんだろうけれどさー、娯楽を諦めるのやめようよ。観ていて悲しくなってきた。