読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱きたいカンケイ

映画


原題はNo String Attached、付帯条件なしというもの。
恋愛感情なしセフレでいこうや!という可愛さと真面目さはあれど色気のないナタリー・ポートマン演じるヒロインと、高身長イケメンだけど頭悪そうというか頼りなさが漂うアシュトン・カッチャーのラブコメ。あっちだとロマンスコメディっていうんだね。このイケメンさんはバタフライ・エフェクトの主人公もやってた人、それ以外の作品はどれもコメディで役柄が固定化しちゃってるっぽい。今回もケツ出してるぐらいでなので、この役柄からは抜けられないんだろうなーイケメンだけどちょっとダメという役柄。
ブコメなので結末はもちろん決まってる。セフレ題材なわりには男は最初からヒロインが好きで仕方なくセフレ条件を受け入れているだけでいまいち突き抜けが足りない。イケメンは股間をタオルで隠すだけ尻丸出しで挑んでいるのに、相方のナタリー・ポートマンのガードは固くなおかつイケメンと比べると背が小さく、そして体の凹凸も少ないのでスポーツブラつけた中学生女子みたいな体なのでエロさがない。女性向けだからいいんだろうけど。真面目で陰気臭い映画以外もいけるんやで!っていうところを出したかったんだろうけれど、なんかこう映画の雰囲気にあってない感じがしてしまう。
私も昔は臆病だったわー、わかるこの気持と思える女性は楽しめるんでしょう。
息子の過去の女とカンケイを結ぶ父親がおもろかったかな。
ということで次はブラック・スワン観よう。