読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横道世之介の感想


『横道世之介』予告編 - YouTube

去年公開で評判の良かった邦画ということで借りた。

横道世之介の上京を始まりとして出会う人達との話を通じて、横道世之介像を浮かび上がらせていく形式。1980年を舞台にしていてノスタルジックな雰囲気なのもいい。過度に1980年を押してくるわけでもないので、普遍的な懐かしさを感じる。

世之介いーやつだなー、にくめねーなー、たのしーだろーなーというのが伝わってくる。関わった人たちのその後も時折挟むので、世之介は今どうなっているんだろうという謎があり、長い話しながらも興味を引っ張っていってくれる要素として働いている。

ヒロインの女の子がかわいい。

嫌味を言うなら邦画好きが好きそうないかにもな映画。時間も長いので、終わった後になんだよそれッて思う人もいるのかもしれない。

たまにはこういうのもいい。たまには。