読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピダハン


キリスト教福音派の宣教師である著者がアマゾンで独自の言語を話す少数民族ピダハンと一緒に住み言語調査&布教するお話。最終的には神の存在に疑問を持ち続けていた著者がその思いを強くし、妻子に打ち明け逃げられるというなんとも心打たれる結末。あとがきでちょろっと触れられているだけだけど。

ピダハン語、文化はこれまで知られている言語とはもろもろの点で異なっているよ、というのが主な内容。数がない、創世神話を持たないなどなど。そういう考え方もあるのかぁと読むのを何度もやめ色々考えを巡らすことができて楽しく読めた。