読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラッシュの感想


いわゆる群像劇。様々なところで小さい事件が発火、物語が進むに連れ交差する登場人物たち系の映画。
アメリカ社会における人種差別を題材にしており、日本で日本人直系として生まれ育っている身としては実感としてわからない映画。
アメリカにありがちというか日本以外でありがちの、気に喰わないことがあったら男も女もジジイもババアも関係なく相手をとりあえず罵倒という場面が続く。人種差別を受けたり、家庭の事情があったり皆さん大変なことを色々持っているのはわかるけれど、落ち着け深呼吸しろガタガタ喚くな。差別を題材にしながらも結局のところそんなこと関係なくイカレタ人間に関わるとロクな事ないよ、そういう輩は改心したように見えてすぐ忘れてまた暴れんぜきっと、まあ事故クラッシュみたいなもんだ運が悪かったんだよ、という映画なのではと思えてしまう。