読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼログラビティの感想

映画


原題はGravity、ゼロはつかない。映画のラストシーンまで含めてGravityにかかっているのだから、たとえ日本人に無重力や宇宙をわかりやすく伝えるためとはいえゼロとかつけるのやめろよと思う。
まだ体験したことのなかったIMAX 3Dで観た。こういう映画を観るためにIMAX3Dは存在するのだと納得できる素晴らしさ。きっと全米映画館協会的な方々も大歓迎で迎えたことでしょう、これで映画館に客が来ると。
登場人物はほぼ渋いおっさん代表ジョージ・クルーニーと隣のお姉さん代表サンドラ・ブロックの二人のみ。宇宙に放り出される恐怖ってマンガのプラネテスでもやってたなと思いだした。
細かいカットをつなぐのではなく、ロングカットって強く印象に残る。なんかすげーことが起きているなと感じる。宇宙で船外活動、そして人工衛星の破片が激突、宇宙に放り出されという一連のシーンなんて、はぁーこれどうやって作ってんの?いやーすごい所まで来たもんだと感心してしまう。
色々なところで困難に巻き込まれながらもなんだかんだ出たとこ勝負でやっていくところをみると、宇宙の描写できっとたくさんのご都合主義なところがあるのだろうけれど、わからない自分にはどうでも良く、これはわくわくどきどきさせてくれる良い映画。