読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十角館の殺人


現代ミステリーならこれをよんどけやーという位置づけらしいので読んだ。
真相が明らかになるときには、おぉーなるほどそうかーという驚きがあったので良しとしよう。確かによくできたミステリーだ。

ただ、オチに対して文量が多いなと思った。大して特徴もないので殺される被害者の方々は半分以下で良かったです。

正直途中があまり盛り上がらない。一人、二人と着実に死んでいくけれど、それ自体にミスリードを誘発するようなものがない。絶対オチが分かる前に犯人あてたる!って読めば違うのかもしれないけれど、個人的には特にミスリードらしいミスリードもなく感じたので、誰かが犯人なのかーこの人あたりかな?ぐらいの興味関心度合いで終わりまでいくので、してやられた感がない。
ミステリーといえば金田一少年の事件簿名探偵コナンという視覚的エンタメ傾向の強いもので下地ができているので、盛大にミスリードしてくれないと脳内スルーしているのかもしれん。
これが絢辻さんの最初の頃の作品らしいので、きっとそれ以降のはそのへんもよりよくなっているということを期待してもう2冊ぐらい読みたいところ。